スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本人は怖がらせようと思って話しているのに、悲しくなるくらい構成が下手すぎて、怖くない話が好き


彼女と二人で廃病院に侵入したんです。



時間は深夜の2時。



懐中電灯を一つ持って、深呼吸をして入ったんです。



いわゆる肝試しってやつで。



中に入ると、受付があって。



ほこりかぶった、古くさい受付ですよ。



ええ。



その脇に「診察室」ってプレートの付いた部屋があって。



恐る恐るその中に入ったんです。



鼓動が病院中に響くほどの音を立てていたことを覚えています。



すると、そこに怖い幽霊がいたんですよ!



僕、驚いてしまって。



慌てて逃げたんです。



彼女とも後で話して、凄く怖かったなって言ってて。



僕は断言します。








あれは幽霊です。




















↓このバナーをどれか一つでもポチッと押して頂いたら、非常にとんでもはっぷんな気持ちになります。
にほんブログ村 お笑いブログへ



スポンサーサイト
01 2016
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

恭太

Author:恭太
さぁ、始めたばかりの未開拓地にポツリ。。。
ど田舎者です。
日記は書きません。
誰か一人でもクスッとしてくれたら嬉しいなぁって。。
→竜巻プロフィールはこちら←
→メッセージはこちら←

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。